杉並区で不動産を探している人にピッタリの浜田山エリア

現在幼稚園児がいてこれから小学校に通うという家庭では、学区エリアと共に新しい物件を探している人も少なくないでしょう。子供と過ごしやすい街にはファミリー向けのマンションが多くあります。安心して通学・帰宅ができるように整備された浜田山は子供のいる家庭に人気です。

ファミリー層に人気の高級住宅街「浜田山」の住みやすさとは

浜田山の立地&特徴

住宅街の道路

東京区杉並区中西部にある浜田山は、神田川と善福寺の間にある閑静な住宅街です。一戸建てや低層の住居が多く、高級感と落ち着いた雰囲気が特徴になっています。高層マンションもいくつかありますが密集していないため、日当たりや風通しの良好な街と言えます。

浜田山はなぜ住みやすい?

浜田山は住みやすいことで知られています。浜田山の魅力をいくつか見てみたいと思います。

公共機関や銀行が揃っている

浜田山駅からおよそ徒歩5分の距離に杉並南郵便局と若松山会館があります。浜田山会館は区民会館として小さい子供からお年寄りまで、幅広い年代の方々にとっての憩いのスペースになっています。浜田山駅周辺には、「みずほ銀行」や「東京三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」もあるので、駅に寄ったついでに用事を済ませやすく便利です。

スーパーや商店街がある

浜田山駅周辺には「オリンピック」「サミット」「スーパーバリュー」といったスーパーがあり、日用品や食材を買い求めやすくなっています。駅の北口を出るとメインロード商店街があるのでお総菜や安い衣料を買えます。

浜田山駅周辺のスーパーの紹介

浜田山駅付近には多くのお店があるので、近場で必要なものを揃えやすくなっています。それぞれのお店の距離も近いので、特売日やこだわり品に合わせてスーパーを使い分けてもお得に買い物ができるでしょう。

サミット

浜田山駅からおよそ徒歩8分のところにある人気スーパーですが、毎週火曜日はキャッシュバックサービスというユニークなサービスを実施しています。貯まったポイントをサービスカウンターで換金してもらえるので、普段安い食材や日用品を買って貯まったポイントが現金になって戻ってきます。かなりお得なサービスと言えます。

オリンピック

オリンピック高井戸店は浜田山駅からおよそ徒歩11分のところにある総合スーパーです。食材から日用品をはじめペット用品、一般用医薬品に家電など色々なものを扱っているので、生活で必要なものがここでほぼすべて揃うといった感じです。

西友

帰りが遅くなったときや子供が学校で使う物を急遽必要とした際に頼りになるのが、年中無休24時間営業の西友です。おむつ交換台やATMもあるので、お金を下ろしたいときや赤ちゃんを連れているときも利用しやすいでしょう。

浜田山駅は新宿・渋谷・吉祥寺へのアクセスに便利

目的地への移動が長時間になると、子供連れの人は特に疲れてしまうでしょう。休日買い物に行くことも少なくない家族連れにとっては、新宿・渋谷・吉祥寺へのアクセスがしやすい浜田山は生活しやすく便利と言えます。

京王井の頭線は都心部への移動に必要な路線

雑誌を読む女性

京王井の頭線では新宿・渋谷・吉祥寺までおよそ20分で着くため、通勤やお買い物の際に便利です。

新宿や渋谷、吉祥寺まで1本で行けるので、乗り換えを気にすることもありません。電車の本数が平日は特に多くラッシュ時は2~3分おきに電車が来るので、通勤や急いでいる時も安心です。車両を選べば席に座ることができるので、子供連れの人には助かるでしょう。また、万が一終電を逃しても深夜バスで帰れるので安心です。便利な京王井の頭線を利用できる点はメリットと言えます。

井の頭線を利用している人のレビュー

40歳/男性 会社員

井の頭線と関東バスを上手く使うと、行きたいところに直ぐに行けるので便利です。休日も比較的電車の本数が多いので、時間を気にすることなく買い物や食事を楽しめます。新宿や渋谷へ乗り換えなしで行ける点も便利です。

30歳/男性 会社員

少し歩けば方南町の丸の内線も利用できるので、アクセスがとにかく便利です。休日子供と一緒に買い物をしたり、仕事帰りに家族と待ち合わせをしたりする際も、移動や電車を待つ時間があまり掛からないのでありがたいです。

子育て世代は子ども第一で物件探しを行なう!

子供がいる場合は幼稚園や小学校を中心に考え、気になった物件については、地元に詳しい杉並区内の不動産会社で、周辺環境について確認しておくことをおすすめします。

幼稚園や小学校などの教育機関が周辺にあるかチェック

外で遊ぶ園児

幼稚園児のいる家庭では小学校に上がる前に学区内で物件を探すことが多いと思いますが、近年は複数の学校から通いたいところを選べる公立学校選択制を取り入れている区が増えています。とは言え、まだ広くは普及していないので、できるだけ教育環境の整っているエリアを選んだ方がベストでしょう。子供が通学帰宅時に一人で行き来することを考えると、治安の良さだけでなく交通量があまり激しくないエリア、そして児童館や公園などの遊び場が近くにある物件が良いと言えます。

なにか起きたときに助けを求められる場所はあるか

怖いことがあれば、とにかくここに逃げて助けを求めなさいと、教えてあげられる場所があると安心です。

具体的には、

①交番

②子供110番の家

③コンビニやレストランなどいつも人がいて明るい場所

④病院や図書館、公民館などの公共施設

⑤友達や知り合いの家

⑥人通りの多い商店街

などが良いでしょう。

小学生にもなると鍵を持って留守番をすることもあるでしょうし、鍵を忘れてしまい家族が帰ってくるまで家に入れないということもあるでしょう。あらかじめ近所のお店や知人、親戚等へ子供を連れて挨拶に行っておくと、何か困ったことがあったときも頼りやすくなります。

交番

こういった場所には要注意

住宅地のすぐそばや通園、通学の際に通る道にも危険は潜んでいます。

①スピードを出す車の多い路地

②ガードレールが整備されていない歩道

③草木の手入れがされていない視界の悪い公園

④人目のない空き地や工事現場

⑤暗い駐車場

⑥人通りのあまりない場所

⑦塀や壁などがあり見通しの悪い場所

自宅の近所を歩く際には、こういった場所がないか注意しましょう。ガードレールのないところでは車がスピードを出してきた際に身を守れないと言うだけでなく、突然車の中に連れ込まれてしまう危険性もあります。道路の草が綺麗に手入れをされていないところもやはり危ないので、しっかり管理が行なわれていて明るい街が良いでしょう。

トラック
TOPへ